トレチノインでもう悩まない!

当サイトでは主にトレチノインについてご紹介します。しみやしわに悩んでいる方、ニキビ跡などに悩んでいる方にも是非御覧いただきたいと思います。トレチノインがあなたの悩みを解決できるかもしれません。

しみ・しわ・ニキビ跡を気にする女性

トレチノインが肌荒れに効く理由

トレチノインはビタミンA(レチノール)の誘導体で、皮膚の細胞の入れ替わりを活性化する働きがあります。
そのため、トレチノインを肌に塗布すると、肌表面のターンオーバーが早くなり通常より早く肌が生まれ変わります。
そのことで、美容効果を発揮するのがトレチノインです。
しかし、濃度の高いものを使うとターンオーバーが早くなりすぎて、皮がむけて赤くなることがあります。
シミや小じわの治療として使用するのでしたら、それでいいのですが、肌荒れ目的で使用する場合は濃度の低いものを使うほうが効果的です。
ですから、肌荒れの場合には美容整形や美容皮膚科での処方でなく、一般のドラッグストアで販売されているレチノールやレチニールエステル配合のクリームでも十分対応できます。
ドラッグストアで販売されているトレチノイン(レチノール)配合のものは、濃度が極めて低いためターンオーバーが早くなりすぎることはありません。
また、濃度が低いため、あくまで肌荒れや保湿重視といった製品になり、ターンオーバーを早めてシミ・小じわ対策といった効果はあまり期待できません。
肌荒れ対策以上の効果を求める場合には、やはり美容皮膚科などでトレチノインを処方してもらうのがベストです。
ある一定の濃度がなければ、ターンオーバーを早めてシミ・小じわ対策には使えないからです。
このトレチノインには、各種の濃度があるため美容皮膚科で肌荒れとして使用したいと申し出ますと、肌荒れに適した濃度の製品を処方してもらうことが可能です。
このトレチノインで注意したいのは、人によっては効果が出やすい場合があります。
その場合には、トレチノイン濃度の低いものを使うことが必要になります。

トレチノインに副作用は存在する?

トレチノインは肌の深い層にあるメラニン色素や古い角質を外に排出し、ターンオーバーを促す働きがあります。
そのため、顔のシミを取る美白剤として使われることがあります。
比較的短期的に効果があるのはそばかすや肝斑などです。また、皮脂の分泌を抑える効果もあります。
トレチノインはこれからできるシミや色素沈着防止にも使われます。シワの解消にも効果がありアンチエイジングとしても使われます。
ただ、どんな薬にも副作用はあります。トレチノインは皮膚のターンオーバーを促すためということもありますが、敏感肌の人は皮がぽろぽろむけることがあります。
見た目は痛々しいですが、これは皮膚が生まれ変わっていることを表しています。
また、赤みや痛み、かゆみなどをともなう炎症もトレチノインの副作用として考えられます。肌に水泡のようなものが出る場合もあります。
使い方を誤ると逆に色素沈着を招いてしまうことがあります。とはいえ、これらの症状は使い方を間違えなければ一時的なものです。
しかし、とくに妊娠中、授乳中、妊娠の可能性がある人は、トレチノインに含まれるビタミンA誘導体が胎児の奇形を誘発することがあるので使用には注意が必要です。
トレチノインの副作用を出さないためには、第一には日焼けに注意することです。肌が敏感になっているので、保湿もしっかり行うことが必要です。
基本的には洗顔後にビタミン誘導体ローションを塗りトレチノインクリームを患部に塗ります。しばらくしてからクリームを洗い流します。
紫外線の影響が原因になることがあるので、外に出かける時にはUV対策をしっかりしましょう。日焼け止めはSRF30以上、PA+++以上を目安にします。

トレチノインを安く手に入れるなら

トレチノインとは、ビタミンA誘導体で、ビタミンAの100倍近い活性度があります。
また、ビタミンAが体内で作用する効果と全く同じですから、安全性もあります。
これは、誰でも血液中にごく微量存在している物質ですから、抗原抗体反応を起こしたりアレルギー反応を起こすことはありません。
このトレチノインはアメリカなどではニキビ、シミ、小じわの治療医薬品として、FDA(アメリカ食品医薬品局)に認可されていますので、安全性も保証されています。
海外では皮膚の若返り薬として非常に人気の成分です。
また、アメリカではニキビ治療の第一選択薬になっているほど効果が高いものです。
ニキビ以外にも、シミやしわにとても効果的のある薬です。
皮膚のターンオーバー(皮膚細胞の生まれかわり)を早くする効果があるため、古い角質を剥がす作用があります。
また、皮脂の過剰分泌を抑える作用や、皮膚内部のコラーゲンを増やすという効果もあります。
トレチノインはレチノールとしてドラッグストアなどにある化粧品にも含まれていますが、濃度が低いためそれほどの効果はありません。
濃度が高い、薬理作用があるものは、美容皮膚科などでの処方になります。
しかし、この場合保険適用外のため金額的にもかなり高額になります。
そのような場合には、海外のサイトを利用した個人輸入という方法もあります。
但し、個人輸入の場合に輸入できる量は、1か月分の医薬品になります。
また、トレチノインには各種の濃度の製品がありますが、初めて使用する場合には最も低濃度の製品を購入することをお勧めします。
トレチノインは効き目が強く、人によっては効果が出すぎることがあるからです。
もし、低濃度で実感できない場合は、じょじょに濃度を上げていくという方法をお勧めします。